わいワイ がやガヤ 町コミ 「かわらばん」

みなトコ×みなとQ みなとQ編集室 06-6576-0505

2018年8月29日特集 わが町 今昔 知っトコ 第2回

 

災害につながるほどの異常気象と巨大地震。
どちらも、いつ起きてもおかしくありません。
先日の西日本豪雨でさえ、港区では土砂災害や堤防の決壊はなく、
他府県のような被害はありませんでしたが、港区はかつて水害に弱く、
幾度となく浸水被害にあった歴史があります。
今回は港区の災害を振り返ってみたいと思います。

 

 

今年から港中学校区で取り組んでいる品格教育。ふと聞くと「港区に品格?」と思ってしまいそうですが、社会で生きていくための基本となるキーワードを伝える取り組みです。「感謝」や「継続」のように、少し堅いけれどとても大切な言葉たち。文字だけだと堅苦しくなりますが、オスの三毛猫「みにゃっと」が登場することで柔らかく、子どもたちに親しみやすくなります。池島小や八幡屋小、近くのお店でもポスターを掲示し、地域で小中一貫教育の実践がはじまりました。中学校の文化祭を小学生が見学したり、小学校と中学校の先生方が合同で研修会もします。2月に開催される港中の駅伝大会では、その春に入学する池島小と八幡屋小の6年生も参加し、PTAの方々の豚汁で一緒に温もるなど、小学校と中学校の連携が進んでいます。ちなみにオスの三毛猫が生まれる確率は3万分の1で、船に乗せると遭難しないという言い伝えもあり、古くから船の守り神だったそうです。「みにゃっと」が「みなと」の守り神になりますように!

数多くある港区の地域イベント。その先駆けとなった「池島ふれあいまつり」は、今年の11月23日(祝日)で38回目を迎えます。今では小学校の学習の一環として、子どもたちの文化発表の場でもあり、日々の成果を見てもらいます。この日のために合唱や合奏の練習をして、当日は池島公園に設置される、地域の方々による手作りの屋外ステージで披露します。近所のおじいちゃんおばあちゃんも楽しみに来られ、毎年6、000人以上の来場者で賑わいます。

 

先日行われた4年生の社会福祉体験学習では、地域のボランティアの方が38名も参加され、参加者数は港区内でもトップクラスだそうです。ふれあいまつりに限らず、地域の方と子どもが顔を合わせる機会が多く、小学校前の「あいさつ通り」の名のとおり、自然と挨拶も増えます。事件に巻き込まれないようにと、知らない人には挨拶しにくい時代ですが、町に顔見知りが多くなると安心ですよね!

 

 毎年12月に、八幡屋小学校の5年生が取り組むキッズマート。野菜や果物などの商品を実際に販売し、八幡屋商店街に子どもたちの大きな声が響きわたります。チラシ、看板の制作(図工・総合)やおつりの計算(算数)、お客さまへの言葉遣い(国語)、元気な挨拶(生活全般)、役割分担や段取りなど、実社会に必要なことを学びます。商店街の方々をはじめ、お客さまとなる地域の皆さんの協力のもと、子どもたちは緊張しつつも、大きな声でのびのびと接客します。

 

八幡屋小学校では、教科の枠を越えた、教科横断型の体験学習に力を入れています。校内にある八幡屋農園では、プチトマトやナス、ゴーヤやイチゴなどたくさんの野菜や果物を栽培したり、JA大阪市の方をお迎えし田植えの体験もします。民族衣装を身につけ、海外の遊びを通じて世界の文化に触れる、八幡屋ワールドフェスタを体育館で開催するなど、教科の枠にとらわれない体験学習で、子どもたちはアクティブに学びます!

 

2018年6月27日◆特集 わが町 今昔 知っトコ 第一回 小中学校のなりたち


今号から新たな特集「わが町“今昔”知っトコ」シリーズがスタートします!
港区の“今”と“昔”にフォーカスして、ご紹介していきます。
今回は、子どもと大人をつなぐ学校。
これから小学校や中学校に入学する子どもたち、在校生、
そして数年前~数十年前に卒業していった大人と、
誰もが同じように経験する環境は学校だけではないでしょうか。
港区には現在、小学校11校と中学校5校があります。
学校令、国民学校令、学制改革を経て今のような姿となりました。
今回は、港区の小中学校の変遷を辿ってみたいと思います。

存在感のある大きな校舎
昭和30年頃の市岡小学校(「港区誌」より)









2018年4月25日◆特集 わが町 知っトコ 第12回 市岡元町の巻

港区の最東部に位置し、戦後は鉄工の町工場で栄えました。
当時の子どもたちは、かつてあった境川運河に浮かぶ丸太の木材で遊んでいたそうです。
今では住宅街へと変わりつつある市岡元町のお話です。

 

 

2018年2月23日◆特集 わが町 知っトコ 第11回 港晴・田中の巻

安永7年(1778年)、
この地を新田開発した田中屋又兵衛さんに由来する田中と、元は八幡屋新田の一部だった港晴。
ともに安治川河口左岸に位置し、港湾労働者の住宅地として賑わった町です。
今回は、そんな田中と港晴のお話です。

2017年12月27日◆わが町 知っトコ 第10回 波除の巻

特集タイトル

安治川の発展に伴い、明治から昭和にかけて港湾労働者で賑わった波除。
港区全体を嵩上げした区画整理事業の後、市営住宅が建ち並んだ頃から住宅街へと変わってきました。
今回はそんな波除のお話です。
p3
地図
福祉会
藤かほり
あんがい
波除モンキーズ
パワーアーツ
内野くん
安治川

2017年10月25日◆特集 “わが町 知っトコ” 池島・八幡屋の巻

特集タイトル
みなトコ11.12月号 “わが町 知っトコ”は池島と八幡屋のお話です。
大きなアーケードのある八幡屋商店街。
地域主体のお祭りを先駆けた池島ふれあいまつり。
昔から人のつながりが濃く、地域の力で盛り上がっています。
今回はそんな池島と八幡屋のお話です。
港区地図
特集①
商店街
シンフォニー
入船温泉
マップ
FC八幡屋
住宅
池島ふれあいまつり
人物 坂之下
坂之下くん

2017年9月6日特集 わが町 知っトコ 第8回 天保山まつりの巻

特集タイトル 天保山まつりタイトル

明治元年(1868年)に開港し、今年で生誕150年を迎えた大阪港。 みんなで150歳をお祝いするために、大阪港にまつわる話をご紹介します。

特集P3

「明治・大正・昭和期の大阪港の絵葉書」より(大阪市立図書館デジタルアーカイブ)

「明治・大正・昭和期の大阪港の絵葉書」より(大阪市立図書館デジタルアーカイブ)

大阪市営交通100周年記念碑 (京セラドーム横の交通局敷地内)

大阪市営交通100周年記念碑
(京セラドーム横の交通局敷地内)

P4特集

今年で10回目を迎える天保山まつり。大阪港開港150年を記念して、今まで以上にバージョンアップ!
各エリアでのイベントやお店のブースも増え、見て、食べて、1日楽しめるイベントになりそうです!
そして、各エリアを地域の皆さんとゲストが会場を盛り上げます!港区内の大人も子どもも大勢の方が出演予定です!
皆さんのお友達もたくさん出演するのでお楽しみに!

 

※雨天の場合は、イベントごとに当日の状況で開催の有無を判断します
中止するイベントがある場合、当日の午前8:30までに公式サイト内に掲載します

 

p4地図

パレード・龍馬

p5サンセット広場

中央突堤

p5赤レンガ倉庫・まちなか

p6タイムスケジュール

 

2017年6月28日特集 わが町 知っトコ 第7回 磯路の巻

特集タイトル

第7回 磯路の巻

かつて港区にあった磯路橋(港郵便局付近)が地名の由来です。
元は住宅地でしたが、昭和初期に市岡パラダイスを中心に栄え、
パラダイス通りや商店街など、周辺は大阪有数の繁華街となりました。
今回はそんな〝磯路〟のお話です。

特集P3

特集P3さくら

市岡中 70周年①

市岡中②

三社神社

妙見さん

地図

 

赤丸食堂

篠原たたみ

健康マージャン

西さん

2017年4月26日◆わが町知っトコ 第6回 南市岡の巻

特集タイトル
北はみなと通り、南は尻無川の間に位置する南市岡。
みなと通りには商店、尻無川沿いには瓦問屋、その間には鉄工所などの町工場や住宅が集まります。
地元の団結力が強く、今でも地域の運動会が健在。
今回はそんな〝南市岡〟のお話です。
特集1
地図
地活
瓦
すもう
ラムネ
ワイワイ
越野翔子

2017年2月23日◆特集 わが町知っトコ 第5回 三先の巻

特集タイトル

大きな商業施設がなく、落ち着いた雰囲気の三先。

以前は大きな鉄工所や町工場が立ち並び、鉄を打つ音や機械の音、

朝昼夕にはサイレンが鳴り響いていました。時代の変化と共に今のような住宅地へ。

今回はそんな〝三先〟のお話です。

港南中学校30周年記念誌より (昭和40年頃の天満宮・港南中学校前の道路)

港南中学校30周年記念誌より
(昭和40年頃の天満宮・港南中学校前の道路)

p3-1

地図

p4-1

p3-m

p4-k

p5-ka

p5-hap6-yama

p6-bu

p6-satu

2016年12月27日◆特集 わが町 知っトコ 第4回 弁天の巻

%e7%89%b9%e9%9b%86%e7%89%b9%e9%9b%861%e7%89%b9%e9%9b%862%e7%89%b9%e9%9b%86%e2%91%a2%e7%89%b9%e9%9b%86%ef%bc%94

%e7%89%b9%e9%9b%865

%e7%89%b9%e9%9b%866%e7%89%b9%e9%9b%867

%e7%89%b9%e9%9b%868

%e7%89%b9%e9%9b%86%ef%bc%99

 

2016年10月26日◆特集 わが町 知っトコ 第3回 築港の巻

%e7%89%b9%e9%9b%86%e2%91%a0

%e7%89%b9%e9%9b%86%e2%91%a1

MT_04_05[ol]

MT_04_05[ol]

MT_06_07

今号特集は観光地と住宅地の2つの顔を持つ築港・天保山エリア。

今回特集するにあたり、人口減少に伴う学校の存続危機や、大きな病院の移転等の不安の声があがりましたので、築港についてのアンケートにご協力いただきました。

築港の未来、港区の未来のため、前向きに、建設的に話し合っていくことが必要ですよね。築港以外の港区民も決して他人事ではなく、同じ区民として、当事者意識を持つことが大切で、これからの港区のまちづくりを考えるきっかけになればと思います。

※弊誌P8「しゃべりば」掲載より

%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%88

2016年8月30日◆わが町 知つトコ 第2回 市岡の巻

特集

特集リード

地図みなと幼稚園

松竹タクシーモリテック明色西明寺大阪木材

市岡小タイトル市岡小記念式典市岡リード歩み

2016年4月22日特集 伴走者たちとみなとQ

タイトル イラスト入り
プロローグ1983年9月、一岡ビルディング(※)の一室が最初の第一歩だった。わが町の歴史を知ることが"わが町を愛する心〟を育むと信じ、住民の目線で刻々と変貌するわが町の様子を一喜一憂しながらリアルタイムで発信し続けた。二度の編集室移転に伴い、誌面も一色から二色、現在のカラー刷りへ様変わりした。
一ビル
この間、多くの出会いと別れがあったが「みなとQ」の側には何時もクライアントや読者、誌面を彩ってくれた執筆者や投稿者、
編集室と読者を繋ぐ配布スタッフ、毎号味わう緊張と感動を共有し誌面創りに携わったなかま…etc・
その一瞬一瞬を共に紡いだ多くの伴走者たちがいた─。
33年間の「みなとQ」には関わった全ての伴走者たち、
それぞれの自分史が刻まれている─。
三善先生
國重・牛島
有川・狭間
秋田・サア子
野上園長・佐久間
理事長・真千子先生①
雑記
みなトコ
エピローグ

2016年3月25日★特集 パワフルな人々 夢に向かってチャレンジ!!

特集タイトル
春、4月。新生活の始まりとともに、新たな夢の実現に向かって歩みだした人も多いはず。
「夢なき者に成功なし」と、幕末の思想家・吉田松陰の名言にもあるように、
夢を抱き、夢に向かって努力してこそ、人生は切り拓かれていくのでしょう。
今回は、夢に向かってチャレンジを続ける5人の皆さんにスポットを当て、そのパワーの源を探ります!

藤井君
白浜さん
松井君
松枝さん
三上さん

2016年3月9日★特集 災害への備え、見直しませんか?

3月号特集タイトル

未だ記憶も生々しい東日本大震災から、この3月11日で5年。
私たちの住む関西では、南海トラフ巨大地震をはじめとする複数の大地震の発生が懸念されています。
大切な家族の命と財産を守るために、災害に対する家庭での備えについて改めて見直してみませんか?

特集3
特集4-1
特集4-2
特集5-1
特集5-2

2016年2月25日春だから始めてみよう!! ホップ!ステップ!スプリング!!

3月号6頁

学ぶ・楽しむ・自分を磨く!春はスタートにピッタリな季節。
あなたも“新しいこと”始めてみませんか?

 

春ピアノ

森友

バレエ

英会話

ゴルフ

2016年1月27日特集 介護を考える

タイトル

社会の高齢化が急速に進む中、年々「老老介護」も増え、介護に関する問題が様々な形で取り沙汰されています。今号「チャンネルQ」(P15)に寄せられた声は、弊誌の想像をはるかに上回るもので、介護問題に対する関心の高さに驚かされました。
人間なら誰もが何時か通る道、実際に介護される人にも、する人にも“優しい介護”とは…?
そこで今回の特集では、介護に役立つ地域の身近な情報を集めてみました。
介護サービスを選ぶ際は、介護される人の健康状態はもちろん、家族の希望や生活スタイル・健康状態なども考慮しながら、実際に“見て・聞いて・確かめる”ことが大切です。
終の棲家を悔いのないものにするためにも、参考にしていただければ幸いです。

※3/5㈯に港区民センターで開催される「第10回みなとふれあい福祉のひろば」は、区内の通所施設の情報が1日で集められるイベント(詳細は3月号)

残念ながら、西区・大正区は現在のところ開催予定なし。

特集3頁

 

特集①

 

特集②

 

特集③

 

2015年12月24日★特集 吾輩は市岡小学校である

特集タイトル
2016年、大阪市立市岡小学校は、港区内の小学校のトップを切って創立100周年を迎えます。今年は「坊ちゃん」「吾輩(わがはい)は猫である」などの名作で知られる文豪・夏目漱石の没後100年。それに因んで、本特集では猫ならぬ「市岡小学校くん」をナビゲーター役に、その歴史やプロフィールに迫ります。
P3特集古い校舎
タイトル②
校長
PTA
木村さん
挨拶

2015年11月26日◆特集 運気アップのお助け隊!!参上!!!

タイトル
大掃除に年賀状づくり、クリスマスパーティーに忘年会…とにかく12月って忙しい~!
お悩み中のアナタのために、みなとQが嬉しいお助け情報※や来年の運気アップ情報をご紹介します。

ドーンと10,000円分の利用券が3名様に当たる「運気アップクイズ」にも挑戦してね♪
みなとQとっておきの年末大特集、しっかりチェック!ハッピー&ラッキーをGET!!
クイズ
ジュエルボックス
ヒカリ建装
粟新
シラハマ
キュラーズ
ニキモト
ラ・フレール

 次のページ